1. TOP
  2. ビタミン剤と抗生物質を皮膚科で処方してもらいニキビ完治

ビタミン剤と抗生物質を皮膚科で処方してもらいニキビ完治

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 15 Views

私はニキビができたとき皮膚科にすぐに行って、ビタミン剤を処方してもらいました。

処方してもらった薬は「フラビタン」というビタミンB2配合のものと「ピドキサール」というビタミンB6が配合されているもの。

ビタミンBは新陳代謝をよくするので、肌が生まれ変わるのをはやく促進してくれるのだそうです。

また「シナール」というビタミンCもいただきました。

こちらは、ニキビが終わった後、シミや跡に残らないように肌の美白効果を高めてくれるそうです。

ビタミン剤の他にも、私はその時炎症を起こしているニキビが多く、一刻も早く治したいということを医師に伝えたため、抗生物質として「ミノマイシン」という内服薬も処方していただきました。

また、外服薬としての抗生物質で「ダラシンTゲル1パーセント」も処方してもらいました。

抗生物質は炎症の原因となっているアクネ菌を一掃してくれるので、皮膚の炎症を直ぐに抑えてくれます。

ただ、お医者様に抗生物質の事に関して言われたのは抗生物質はそのときに発生している炎症を抑えるだけなので、それだけではニキビそのものを治癒し、健康な肌を取り戻すといった根本的問題の解決にはならない。とのことでした。

またビタミン剤もその時栄養が足りていないから補給するという認識で、一時の栄養補給のようなものであるので、薬を飲んで治ったからといって、また栄養や睡眠が足りていなかったり、ストレスが重なったりなどと、自分で健康管理ができていないとニキビはまた繰り返しできてしまいます。

とりあえず処方された薬を飲む事によりニキビはおさまりましたが、本当の根本的解決のためには、自分の身体の状態を毎日かかさずチェックし、きちんと栄養バランスの整った食事を続けることだと学びました。

\ SNSでシェアしよう! /

ニキビ跡の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ニキビ跡の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

taiken

この人が書いた記事  記事一覧

  • ビタミン剤と抗生物質を皮膚科で処方してもらいニキビ完治

  • 保湿はたっぷり、汗をかくこと、ダイエットも大事

  • 私の私生活の変化

  • チョコラBB

関連記事

  • 保湿はたっぷり、汗をかくこと、ダイエットも大事

  • 毎日のケアと生活習慣がニキビ改善の基本

  • 私の私生活の変化

  • チョコラBB